自動車

駐車のコツを掴んでスムーズに停める〜誰でもできるバック駐車〜

あなた
あなた
バック駐車って苦手なんだよな〜〜〜

車を運転する中で最も苦手意識を持つこととして
頻度も多い「バックの駐車」が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

皆さんは いかがですか??

 

実際に、車庫入れや駐車することが苦手だから車に乗らないという人もいると聞きます。

 

バックの駐車は嫌だな
他の車に当ててしまったらどうしよう
車を傷つけたくない
バック駐車のコツはないのかな

 

と思った方はぜひこのブログを読めばこれまでの苦手意識がなくなります!

 

正直私もバック駐車が苦手で今でも不安です。できることならしたくないぐらい嫌いです。

 

ですが、とあるポイントさえ押さえておけば、誰でも難しいと思うことなく
バック駐車をすることが可能になります。

初心者ドライバーやペーパードライバーをはじめ、女性やお年寄りの方といった方誰もが
バック駐車が安心してスムーズにできるようになります!

 

では早速、バックでの駐車が上手くなるポイントを見ていきましょう

なぜバック駐車が嫌いな人や苦手な人が多いの?

そもそもバック駐車に嫌いと思う人や苦手だと思う人は
どういった理由があるのでしょうか。

ハンドル操作が難しい!!

まずは前に進むのと違って「ハンドル操作が逆になる」当たり前のようですがここが難しいと思う人が多いようです。
ただ前に走っている時と違ってバックしていることで後ろに注意がいき、
今ハンドルをどちらに回しているのか?
タイヤがどこを見ているのか? がわからなくなる人がいるようです。
またどのタイミングで切れば良いのか?
どこまで切ったのかわからない という声を聞くことも多いと思います。

ぶつけそう、当たりそうで怖い。。。

後ろの距離感がわからない、他車の存在や見えない死角などに恐怖心がある。
といったようにバックをするときの後方の距離感や左右に止まっている車や壁などの障害物に対して恐怖心がある人も多いです。

他の車に当ててしまったらどうしよう。。。
車を擦ってしまったらどうしよう。。。

と。。。そんな風に臆病になってしまいます。
でもそんな風に思うのは当たり前です!
私だってそうですから!

もたもたしているのが恥ずかしい

バック駐車をするときにもたもたしたり何回も切り返したりしているのを、
後ろから来ている車や同乗者を含めた周りから色々と思われているかもしれないし、恥ずかしい
という人もいるようです。
ですがそんなもやもやしている自身もが恥ずかしく思います。

 

だからこそこ記事を読んで頂き、
バック駐車を不安なくスムーズにできるようにしましょう!

ちょっとしたコツさえ掴んでしまったら簡単です

バック駐車が上手くなる方法はいくらでもありますが、
ここではまず誰もができる簡単な方法を説明します。

スムーズに安心して停めれる駐車のコツはこれ!

結論から申し上げますと

「後輪」ポイントになります!

これさえ意識すれば安心して駐車ができるはずです。

では早速ステップを踏んで駐車方法のコツを説明していきます!

ここでは進行方向に対して左側(助手席側)の駐車スペースに停めようとした場合を想定します。

駐車スペースへ車を寄せる

駐車場所が見つかれば駐車スペースの前まで進みます。
その際はなるべく駐車スペースの近くまで寄ってしまうことがポイントです!

よく駐車スペースから離れて止まりそこからバックで停めようとする人がいますが、
そうなると切り返す際の範囲が狭くなり止めにくくなります

45°の角度

駐車 駐車スペースの前で近くまで寄ることができれば、
次に駐車スペースから約45°の角度になるように車を進めます。
ここでは45°としていますがまっすぐでも問題ありません。
ただ多少角度をつけてしまった方が楽に止めることができます。

後輪を確認

いよいよバックに進んでいきます。
バックをする時に確認して頂きたいのはサイドミラーです!
多くの人はサイドミラーを確認すると思いますが、ここで確認して頂きたいのは
自車の後輪です!
(今回の想定では左ミラーを見て左側の後輪を確認します。)
自車の左側の後輪ができたらバックしていきましょう。

後輪を寄せる

さて、ここが今回の最大のポイントです!
※ここではわかりやすいように停めたい駐車スペースの左側にワゴン車が止まっていると想定します。
下がりつつ自車の左後輪を確認しながら、
止まっているワゴン車の右前付近へ当たらないように、
なるべく近くまで後輪を寄せていきましょう。
不安な方はゆっくりで大丈夫です!当たらないように近くまで寄せてください!

ある程度寄せることができれば、
ここで左側へハンドルを切って下がっていきましょう。
するとワゴン車に当たりそうなまで寄せたにも関わらず、
徐々に車が離れていくことがわかります!

そのため左側の車に当たることも擦ることも心配することはないです!

左右を確認しながら微調整

そしたらあとは簡単です!
左側は徐々離れていくので心配ありませんが、ここで安心しきってはいけませんよ!
左側が徐々に離れてきたらしっかり右側も確認しましょう!
右後輪側も当たらないように確認しながら下がっていきます。
そして下がりながら徐々に車をまっすぐ向くように微調整していきます。

すると見事に駐車することができると思います!

最大のポイントである「後輪を寄せる」ことができて、
慣れて仕舞えば、一回で綺麗に駐車することもできるようになるでしょう。

ここでよくあるのが

ミラーの確認もハンドル操作も、どの作業も同時にできない!!

ということです。

そんな人は焦らなくても大丈夫です!
バックする時は動作の切り替わり時には一旦止まってしまいましょう。
車を運転する全てにおいて大切になってくるのが、
焦らず落ち着いて操作する ということです。

最初は上手くいかないかもしれませんが、これまでのポイントを意識して
繰り返していけば、無意識でもできるようになります!
これは誰であってもできるから安心してください!

実際に、
私の友人(女性)で運転も苦手でバック駐車が怖い と相談されたことがありました。
その際も上記と全く同じポイントを教えました!
やはり最初は難しく、ぎこちない操作でかなり苦戦をしていました。
ですが、しばらくしてから久々に乗せてもらう機会がありました。
すると、私も驚くぐらいスムーズに駐車をすることができていました。
ほんとにあっという間に一回でバック駐車をすることができたんです!!!
その友人は、今では意識せずともスムーズに駐車できるようになったと言っていました。
正直、その友人は私よりもバック駐車は上手いと思います(笑)

駐車のコツをまとめると

安心かつスムーズにバック駐車するコツは

ズバリ!

【 後輪 】

です!!

左側後輪を駐車スペース左側の右前へ寄せ切る
下がりながら寄せきれたら、左へハンドルを切る
右側も確認しながら車をまっすぐになるように微調整をする
 ※左側の駐車スペースへ停める場合

以上の3つです。

 

慣れてくればスムーズに一回で停めることもできます!

まずは焦らず一つ一つのポイントを意識してみてください。

また相手がいる場合は練習相手になってもらうことも良いと思います。
車の後方に立ってもらい、車を寄せる練習を見てもらい手伝ってもらうといいですね!

必ずこのコツをおさえれば、皆さんの駐車や車庫入れも上手くなるはずです!

ぜひ駐車の苦手意識を無くしてもらい、クルマでの移動を楽しんでください!

JAFや自動車メーカーなどで動画にて説明されているものもあるので
ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事が皆さんにとって素敵で快適なクルマライフの助けに慣れば幸いです!

ここまで読んで頂きありがとうございました!